japanese

尾根に沿って連なる水田ではお米が栽培されています。お米はルイジアナの文化と食文化において重要な役割を果たしています。... Read more
「バイユーの野獣」、「湿地の王様」、「湿地のライオン」など、アリゲーターにはその大きな鳴き声から様々な別名が付いています。これらは、... Read more
アリゲーターは貴重な再生可能天然資源です。ルイジアナでは、1800年代に大量に捕獲され始めました。アリゲーターの革は、ブーツ、靴、サドルに使用され、... Read more
野生の生物がすべてそうであるように、アリゲーターも環境に適応させて進化を遂げました。アリゲーターは、背面の鱗板を含め鎧のような表皮を持っています。... Read more
桟橋を走り抜けると、カルカシュー水路が横手に見えてきます。この水路は内陸に34マイル入り込み、全米で12番目に大きい港町、レイクチャールズの港まで続いています... Read more
この先のルイジアナ州道384号線を右折すると、ビッグレイクの名前で現地の人々に親しまれているカルカシュー湖のハーバートランディングに到着します。... Read more
この先を進むと、米軍トレーニング施設の要とされた歴史的な飛行場が右手に見えてきます。第一次世界大戦の開戦時、... Read more
この先には、キャメロン プレーリー国立野生生物保護区のビジターセンターがあります。植物、動物、... Read more
この土地の置かれた環境を生き抜き、湿地と共に暮らす人々のコミュニティー、キャメロンへようこそキャメロンは、1957年にハリケーン・オードリーに襲われ、... Read more
桟橋公園では、最低入場料を支払ってください。公園に着いたら、釣り埠頭まで歩いてみてください。埠頭からは、船の往来や水上運送産業と商業を垣間見ることができます。... Read more
道路の少し先の北側、オークの木々の向こうに白い裁判所の建物が見えてきます。この鉄筋コンクリート造りの建物は、... Read more
クレオール ネイチャー トレイルへようこそ - 全長180マイルのトレイルを行くルイジアナのアウトバックの冒険が皆さんをお待ちしています。クレオール... Read more
ここからは、サビーン国立野生生物保護区です。クレオール ネイチャー トレイルの3つの国立野生生物保護区で最も古く最大の面積を持つ保護区です。... Read more
サルファーの地名は、この周辺で採掘された鉱物 (硫黄)に由来しています。サルファーは「ルイジアナ南西部のプライド」と形容されます。... Read more
辺りを見渡すとこの地域がなぜオークグローブと呼ばれるか一目瞭然だと思います。フランス人の入植者たちは、沿岸に植生する樹木をシェニエと呼びました。これは... Read more
ハックルベリーは、海抜23フィートの島です。  道路の西側にあるブラウンズ フード センターで、地元文化や食文化など試してみてください。... Read more
ホリービーチは、このハリケーンでも被害を受けています。1957年、ハリケーン・オードリーは地元のニュースが住民に避難勧告を通達する前に、... Read more
湿地や道路脇のあちこちに、車や瓦礫、家屋の残骸が散らばっているのにお気付きだと思います。これらはハリケーン・リタが2005年にこの周辺に残していった傷跡です... Read more
大きな黒い鳥が翼を広げて野山の上空を滑空する姿にお気付きになられたと思います。これはヒメコンドルと呼ばれる鳥で、時に「ハゲワシ」とも呼ばれます。ヒメコンドルは... Read more
レイクチャールズのビジネスセンターを出発して1/4マイルほど進み、左車線からI-10を東に向かいます。出口36のキャメロン/クレオールでハイウェイを降ります。... Read more
ハイウェイの右側に駐車場エリアが見えます。ここは約1/2マイルの湿地ウォーキングコースの出発点です。板道には幾つかの展望鏡が備え付けられていますので、... Read more
この先には、散策が楽しめるブルーグース トレイルがあります。観察タワーや、木々に沿って歩いてカルカシュー湖の岸辺まで続く短い散歩コースがあります。... Read more
大きなカッショクペリカンが、道路の横の運河や海岸上空を優雅に滑空する姿をご覧ください。カッショクペリカンは、ルイジアナ州の州鳥に指定されています。... Read more
渡り鳥も旅人と同じように、途中で休憩を取って餌を食べなければなりません。渡り鳥が旅する距離を考えると、クレオール ネイチャー... Read more
この先を進むとホリービーチに入ります。ハリケーン・リタ以前は、「ケイジャン リビエラ」と呼ばれるリゾート地区でした。長い砂浜沿いにキャビン、トレーラー、... Read more
ホームウッドでハイウェイ14を東に向かうと、35,000エーカーの面積を誇るラカシーン野生生物保護区に到着します。この保護区は「プール」... Read more
この先を行くと、ラザフォード海岸という標識が目に入ってきます。ラザフォード海岸は、住宅や近隣の海岸開発事業が一切ない原生の状態の海岸です。磯釣り、貝殻探し、... Read more
ロックフェラー保護区は、一見するとクレオール ネイチャー トレイル沿いのその他の野生生物保護区とそう変わりはありません。ですが、... Read more
アリゲーターの他にも、科学者たちは海岸線の復元と湿地の管理について研究を続けています。ロックフェラー保護区は、26マイル以上の流体と海岸線沿いに広がっています... Read more
ドライブ中、黄色いテントの‑形をした標識に黒字で数字が書かれているのが定期的に表示されていることにお気付きかと思います。... Read more
湿地は繊細な美しさを持っています。その美しさを発見するためには、時には一枚の葉やトンボを間近でじっくり観察しなければなりません。... Read more
この先の出口36を出て右折してください。397号線を南にクレオールおよびキャメロン方面に下ります。
沿岸内水路は、テキサスとメキシコとの国境ブランズヴィルからメキシコ湾岸沿いに大西洋側はニュージャージーのトレントンまで続く水深12フィートの運河です。この2,... Read more
ルイジアナは、米国でもトップクラスの液化天然ガスの生産量を誇ります。ルイジアナ外洋大陸棚からの生産量を含め、液化天然ガスの生産量は全米で第2位です。... Read more
背丈は4フィートで、灰色の長い首を持ち、身動きもせずじっと水面を見つめている鳥は、北米で最大の大きさと増殖数を誇るオオアオサギです。... Read more
全長26マイルの美しい海岸線は、クレオール ネイチャー トレイルから簡単にアクセスできます。車を止めて、ピクニック、磯釣り、水泳、ビーチコーミングを楽しんだり... Read more
鳥類ほど際立ってはいませんが、湿地には哺乳類も生息しています。クレオール ネイチャー トレイルの湿地には、鹿、マスクラット、ミンク、ビーバー、アライグマ、... Read more
この先に、湿地歩道の駐車場があります。板道は1.5マイルほどで、湿地の美しさや野生生物を間近で楽しめます。また、観察タワーからは、広大な湿地全体を見渡せます。... Read more
ホグアイランドのガリー運河では、様々な水域管理ビルが見られます。水の流れの管理は、非常に重要な湿地管理の一端です。 管理活動の一環として、... Read more
一年を通して、特に冬場は、タカが湿地の上を低空飛行する姿が見られます。これはハイイロチュウヒというタカで、「湿地のタカ」とも呼ばれます。... Read more
メキシコ湾の自然資源は、海産物だけではありません。沖合いの海面からそびえたつ建造物が目に入ったと思いますが、これらは石油ガス生産プラットフォームで、... Read more
出口20を出て左折し、南に下ります。
湿地は、水の汚染物質の洗浄、地下水の補給、洪水の防止、岸辺と海岸線の安定化、浸食の低減、貝類の養殖場、レジャーおよび商業向けの豊富な魚類、... Read more
秋の終わりや冬が近づくと、何千羽もの雁が見られその声をよく耳にします。雁の群れには、白雁、真雁、カナダ雁の3種類の雁がいます。... Read more
静観なたたずまいの砂浜にも、自然の営みと人間による操作の間で常にせめぎ合いが起きています。湾から押し寄せる波は砂浜を削り続けており、... Read more
水中に沈むようにして頭と首だけを水面に出して泳ぐ黒い水鳥は、ペリカンより小さなペリカン目の鵜です。喉の袋に捕った魚を蓄えます。ペリカンとは違って、... Read more

User login